鳥が中毒を起こすもの

2007-05-21 0:31

コワイのでメモメモ…

壁紙、ペンキ、揮発物(シンナー、マジック、接着剤等)、ホルムアルデヒド、防虫剤、殺虫剤、たばこ、化粧品、観用植物、肥料、薬剤、廃油、菓子類(チョコレート等)、古いナッツ類、陶器、金属類(鉛、亜鉛、錫等)、ストーブ(一酸化炭素)などがある。原因により、吐出、下痢、呼吸困難、神経症状など様々な症状を呈す。

吐出 – 中毒

インコ comment - 0 trackback - 0

迷いスズメ

2007-05-20 16:18

朝起きてベランダに出てみると、一匹の子スズメがうずくまっていた。
私が近づくと羽をばたつかせて逃げようとするのだけど、片足が不自由のようで思うように動けない様子。ケガをしてるのか?と思ったけど、特に出血もないので、昔のケガか生まれつきの奇形なのか…。
とりあえず鳴き声も大きく元気そうなので、そのまましばらく様子を見る事に。

そのうち子スズメの声を聞きつけたのか、親らしきスズメがベランダにやってきては餌をあげはじめた。これならもう大丈夫!と思って放っておき色々と用事を済ませた後、しばらく経ってからベランダに様子を見に行ってみると…

子スズメが仰向けに倒れているーー!!

これは大変!!と慌てて救出に行くと、何だかさっきより衰弱してきた様子。。。
手のひらに乗せても、あまり動く様子もないし。
さすがに心配になりネットで色々と調べてみると、こんなページを発見!
「すずめSOS」

そのページによると

すずめは3時間以上、餌を食べないとすぐに弱りきってしまいます。

ひぃー!それは何とかしなければ!
そういえば親スズメの姿もしばらく見てない気がする…
もしかしたら2時間くらい何も食べてないんじゃないか!?

とりあえず鳥の応急処置(と言ってもインコだけど)は『とにかく保温!』なので、段ボールで即席カゴを作り、ちぎった新聞紙を敷き詰め、そこに子スズメを入れタオルを掛けてあげた。抵抗する事もなく、じっとしていたので少しお水も飲ませてあげた。

そうしてる間にもどんどん衰弱して行く気がして、病院に連れて行った方が良いのかとも考えたけど、自力で水も飲めてるし、まずはエサをあげてみよう!と先程のホームページでスズメ食を調べてみると、

・すり餌
・固形のドッグフード
・かたゆで卵
・きな粉
・青虫、蚊、蛾、小さなクモなどの昆虫

そ、そんな物を食べるのか!?インコとは全然違うのね…。そして虫はちょっと無理ス…
という訳で慌てて近所のホームセンターで以下のものを購入。(ドッグフードは試供品)

しかし、帰ってすぐベランダに様子を見に行くと、箱の中にスズメの姿がない!!
まさかカラスに!と心配したが、近くで何だかスズメの声が聞こえるような…
探してみると、なんとベランダの道具箱の奥底に落ちているではないか!
とりあえず救出したものの、さてどうしたらいいか…
気がつけば親スズメも近くの木に止まりコチラを気にしながら鳴いている。
「そうか…親スズメの所に何とか帰ろうとしてたのね」
自力でここまで飛べたという事は、もう外に返してあげた方が良いのかも。

ものは試し(←ヒドイ)とドキドキしながらベランダの手すりに乗せてみた。(ウチは2階)。するとすぐに親スズメの姿を見つけたようでピーピー鳴きながらヨチヨチと手すりを歩きはじめた。「うわぁ~落ちるなよ~!」と身を細めながら見守っていると…
サッと親スズメが飛んできて、子スズメのクチバシを軽くつついた、と思った瞬間!
親スズメを追いかけるように手すりから飛び立っていきました。
「よかった…飛べたのね」
そして同時に私の頭の中では壮大なBGM~♪
ドリフのコントで言うと、桜田淳子が「私ってダメな女ね…」の後に立ち直って、タラララ~♪となる感じ
8時だョ!全員集合のコント “私ってダメな女ね”

という訳で、長くなったけど無事に一件落着~

日記 comment - 2 trackback - 0

深夜ツーリング(お台場~都内)

2007-05-13 22:30

夕食後、ニュース映像で都内の夜景を見ていたら
「これからちょっと行ってみるか」という事になりバイクで出発!

まずはお台場海浜公園。0時近いというのにこの眩しさ。
あの明かりの中で、まだたくさんの人達が働いているのか…

レインボーブリッジ。
私が東京に来た頃には、まだ無かった風景と思うと何だか不思議です。

そして最後は東京タワー!
ここは何度来ても飽きないなぁ。
できればこのまま、東京のシンボルとして堂々と『1本だけ』そびえ立っていて欲しいと思うのですが、時代の流れには逆らえないのでしょうかね…

ツーリング comment - 0 trackback - 0

岩手5日目

2007-05-9 0:14

とうとう岩手も最終日。朝、母と持っていくハコベを物色しながら散歩。一緒に花壇の花を少しもらう。「緑の親指」が無いであろう私に、ちゃんと育てられるだろうか…。

それにしても、あっという間の5日間!みよ兄・好さんのお祝いに始まり、久々の皆との再会、その後も父や姉の運転と母の案内のおかげで毎日温泉三昧!心も体もタップリ充電できました。ありがとー!

帰宅後は母手製の海苔巻き&サトコさん土産のウニをおかずに、互いの土産話を炸裂。その後も夜遅くまで色々と語ってました。何故だかテーマは「客観性について」。合言葉は「自分の中に監視カメラを持つ」などなど。

↓姉からのお土産のせんべい。これまた美味しかった。ごちそうさま!

旅行 comment - 1 trackback - 0

岩手4日目

2007-05-8 23:42

朝食の前、母と「人付き合い」について語る。やはり親子だからか、もしくは偶然かは分からないけど、考え方や悩み所で似ている点が多く、一致した瞬間に泣き笑いしながら、おもわず握手(笑)。誰とも関わり合わず生きて行くなんて不可能だし、望んでもいないけど、これから先も「人付き合い」は永遠のテーマであって、悩みなんだろうな。色々な事を早く楽に乗り越えられるよう、なりたいものです。
本日も快晴!立派な岩手山!

腐葉土を買いに近所の農家へ。東京に帰ったらベランダでインコ用のハコベを育てるというのが目的。母いわく、ここの土は臭いも無く上手く処理されているのだとか。おしゃべりなオバチャンに色々と尋問されながら、1袋200円の土を購入!

そして、またしても温泉へ!今日は「網張温泉」。以前来た時に比べ、きれいにリフォームされ国民休暇村となっていました。「ここの湯は一番温泉らしい!」と母も大絶賛。ちょっと熱めだけど、確かにここ数日の中で一番気持ち良いお湯かも。

古い歴史のある温泉らしく、調べたら色々と出てきたので、ちょっと引用…

網張温泉が発見されたのは今からおよそ千三百年前の飛鳥時代の和銅年間と伝わり、温泉の宝庫と知られる雫石地方でも古い歴史を誇ります。かつては帝釈温泉と呼ばれ知る人ぞ知る名湯でしたが江戸時代に山の神信仰によって入浴が禁止されました。その際に周囲に網を張ったのが「網張」の由来とも言われています。

夕方は父に運転してもらい、母と古着屋巡り。かなり燃えました!

夜は、昔の同僚でもある友人と食事。知り合って約16年、1年半ぶりの再会となるけど、ホントいつ会っても面白すぎ!5時間ぶっ通しでしゃべり続けました。あ~楽しかった!

旅行 comment - 0 trackback - 0