岩手5日目

2007-05-9 0:14

とうとう岩手も最終日。朝、母と持っていくハコベを物色しながら散歩。一緒に花壇の花を少しもらう。「緑の親指」が無いであろう私に、ちゃんと育てられるだろうか…。

それにしても、あっという間の5日間!みよ兄・好さんのお祝いに始まり、久々の皆との再会、その後も父や姉の運転と母の案内のおかげで毎日温泉三昧!心も体もタップリ充電できました。ありがとー!

帰宅後は母手製の海苔巻き&サトコさん土産のウニをおかずに、互いの土産話を炸裂。その後も夜遅くまで色々と語ってました。何故だかテーマは「客観性について」。合言葉は「自分の中に監視カメラを持つ」などなど。

↓姉からのお土産のせんべい。これまた美味しかった。ごちそうさま!

旅行 comment - 1 trackback - 0

岩手4日目

2007-05-8 23:42

朝食の前、母と「人付き合い」について語る。やはり親子だからか、もしくは偶然かは分からないけど、考え方や悩み所で似ている点が多く、一致した瞬間に泣き笑いしながら、おもわず握手(笑)。誰とも関わり合わず生きて行くなんて不可能だし、望んでもいないけど、これから先も「人付き合い」は永遠のテーマであって、悩みなんだろうな。色々な事を早く楽に乗り越えられるよう、なりたいものです。
本日も快晴!立派な岩手山!

腐葉土を買いに近所の農家へ。東京に帰ったらベランダでインコ用のハコベを育てるというのが目的。母いわく、ここの土は臭いも無く上手く処理されているのだとか。おしゃべりなオバチャンに色々と尋問されながら、1袋200円の土を購入!

そして、またしても温泉へ!今日は「網張温泉」。以前来た時に比べ、きれいにリフォームされ国民休暇村となっていました。「ここの湯は一番温泉らしい!」と母も大絶賛。ちょっと熱めだけど、確かにここ数日の中で一番気持ち良いお湯かも。

古い歴史のある温泉らしく、調べたら色々と出てきたので、ちょっと引用…

網張温泉が発見されたのは今からおよそ千三百年前の飛鳥時代の和銅年間と伝わり、温泉の宝庫と知られる雫石地方でも古い歴史を誇ります。かつては帝釈温泉と呼ばれ知る人ぞ知る名湯でしたが江戸時代に山の神信仰によって入浴が禁止されました。その際に周囲に網を張ったのが「網張」の由来とも言われています。

夕方は父に運転してもらい、母と古着屋巡り。かなり燃えました!

夜は、昔の同僚でもある友人と食事。知り合って約16年、1年半ぶりの再会となるけど、ホントいつ会っても面白すぎ!5時間ぶっ通しでしゃべり続けました。あ~楽しかった!

旅行 comment - 0 trackback - 0

岩手3日目

2007-05-7 23:16

GWも終わり世間は動き出したけど、本日も観光~
姉は会社があったけど何とか休みを取ってもらい、母を含め3人で温泉へ。
ほんと毎日、温泉三昧です。
まずは御所湖の前で記念撮影。奥に見えるのは岩手山。

御所湖の目の前にあるホテルの庭で(無断侵入)、母手製のみそ焼きおにぎりやワラビの煮物などで腹ごしらえ。

そして本日は「つなぎ温泉」!ホテル大観の露天風呂。

平日という事でガラガラだったので、これまた無断で撮影しまくる。昨日の「あづまね温泉」トロトロ湯の気持ち良さとは違い、サッパリとしたお湯でこれまた良かった~
入浴後は休憩室にて子供の頃の思い出話で盛り上がる。これまで色々あったけど、本当にここまでよく育ててもらったなぁと改めて両親に感謝しました。
あとは近くにあった卓球ゲームで遊んだり、などなど。

帰り道、菜の花畑を見に下厨川の東北農業研究センターへ。まだ時期が早かったようで、残念ながら、まだ蕾の状態。

ちなみに5日後はこんなにキレイだったようです。
5日後の写真
その2日後の写真。もったいない…

夕方、姉がそろそろ帰宅せねばという事で解散。3人だけでのんびり過ごしたのは本当に久しぶりだったので、とても嬉しく良い思い出となりました。
次回はいつになるか分からないけど、ぜひ次は私の運転する車で行こう!
(断られそうだけど…)

旅行 comment - 0 trackback - 0

岩手2日目

2007-05-6 23:08

朝6時頃に物音で目が覚める。ふと見ると窓の方で何やら母がガサゴソと動いている。「どうしたの?」と聞くと「カラスにやられたぁあ(泣)」と。
そう、昨日のあのオニギリ…
朝方は気温が低いので昨夜ベランダに出して置いたのを、カラスに襲撃されたらしい。まだ食べたかったオニギリがたくさんあったのに!!
カラスに怒る事もできぬまま、泣く泣く捨てるハメに。。。
そしてなにより可哀相なのは一生懸命作った母[:悲しい:]
気を取り直して朝風呂に入り、朝食の時間まで裏山を散歩。これがまた気持ちイイー!ひんやり湿気を含んだ空気の中、まさにマイナスイオン浴びまくりという感じ。(ちなみにマイナスイオンって本当は存在しないらしいですが…)

朝食をたらふく食べ、少し休憩の後チェックアウト。そこで兄一家、姉一家とは解散となり、父・母・みよ兄・好さんのメンバーで岩手観光となりました。
まずは後藤川温水路へ。ここは農業用水路で、冷たい水を温めてから水田に引く為、総延長3.8kmもあるんだそう。という訳で白樺並木の沿道を散策。

↓父と桜

↓そして全速力で歩く母。

この写真だけ見ると仲悪そうですが(笑)そんな事ないです。とても仲良しです。
その後、八幡平の山頂へ。強風の為、木が芸術的な形に。

そして父が一番見せたかったという雪の壁(八幡平アスピーテライン)。今年は積雪量が少なかったため、壁も低めらしいけど生でみると圧巻!
岩手はまだまだ見所満載!年々、魅力的に見えてくる。

その後、みよ兄・好さんは空港へ。数日間、本当におつかれさまでした。
また一緒に観光しましょうー!

旅行 comment - 1 trackback - 0

おめでたい日

2007-05-5 20:22

午後に盛岡到着。秀兄のお迎えでそのまま実家へ。
着くなり目に飛び込んできた、母手製の大量のおにぎり。
しかも中身がわかるよう1つ1つシールに書いて貼っていた。
母よ、マメすぎ!(尊敬)

ちなみに、このおにぎりの行末には信じられない悲劇が起こるのですが…
早々に実家を出て本日の旅館に到着。各自夕食の時間まで温泉に入ったりゴロゴロしたり(私はゴロゴロ派)。先に来ていた兄一家、姉一家たちは既に併設の室内プールでひと泳ぎ中。

そしていよいよ夕食の時間。今回の帰省のメインイベント「みよ兄と好さんの結婚を祝う会」がスタート!食事をつまみつつ、プレゼント贈呈式やら撮影会やらワイワイと進行。大人9人、子供7人、総勢16人の大宴会となりました。
それにしても本当に素敵なヒトと出会えて、みよ兄は幸せものだね。本当におめでとう!!
今回はみよ兄結婚祝いの他にも「イッセー中学入学祝い」、そして「父、勤労50周年お疲れ様でした!」などなど、めでたい事ばかりとなりました。

夕食後は大人だけ集まり、まったりと2次会。皆それぞれ独立して家庭を持ち、違う環境で暮らしているけど、時々こうして集まって語り合える家族がいるという事は本当に幸せだなぁと改めて実感。そんな事を思いながら温泉に入り、この日はPM11:00に就寝となりました…zzz

旅行 comment - 3 trackback - 0